MCPP(メコプロップ)とは

芝生用除草剤MCPP(メコプロップ)とは

MCPPはフェノキシ系のホルモン型除草剤です。

ホルモン型除草剤とは、植物体内のホルモンの正常なはたらきを阻害・攪乱し、正常な植物の生育ができなくなることで、雑草を枯らす除草剤です。

具体的な阻害する内容は以下です。

  • 茎葉のねじれによる正常な生育の阻害
  • 呼吸活動を異常に増進させ、光合成活動を阻害し枯殺する。

MCPP(メコプロップ)が除草する植物の種類

MCPP(メコプロップ)は一年生広葉雑草、多年生広葉雑草に効果

MCPP(メコプロップ)が枯らす効果を与える植物は、一年生広葉雑草と多年生広葉雑草です。

MCPP(メコプロップ)が特に効果が高い植物は?

MCPP(メコプロップ)は、多くの多年草広葉雑草や一年生雑草にも効果がありますが、中でもマメ科のクローバーや、通常の除草剤では対策の難しいトクサ科のスギナ(ツクシの成長したもの)についても特に強い効果を発揮します。

MCPP(メコプロップ)があまり効かない植物

MCPP(メコプロップ)が除草効果はイネ科植物です。そのためMCPPは芝生の除草剤として利用されます。

またキク科植物については効果がおとるため、ハルジオンやヒメジオン、タンポポ、ヨモギなどには効果が期待できません。

MCPP(メコプロップ)散布する際の注意事項

高温の散布の際は芝生への影響がある場合がある

MCPP(メコプロップ)は高温で除草作用が高まります。

気温の高い夏、芝生に散布した場合、除草作用が強く発揮されて、芝生が黄変する場合があります。

ただしこの作用によって芝生が枯れたという報告はなく、しばらくすると回復するとされています。

散布後の降雨に注意

MCPP(メコプロップ)は茎葉処理型の除草剤です。

葉や茎から除草成分が植物体内に吸収しないと、除草効果を発揮できません。

したがって散布直後の降雨が予測される場合は、散布をしないほうが賢明です。

MCPP(メコプロップ)は畑などには使用ができない。

MCPPの使用が許可されているのは、「芝地」「公園、庭園、堤とう、駐車場、道路、運動場、宅地、のり面、鉄道等」とされています。

畑などの農作地では、MCPP(メコプロップ)の使用は認められていませんので、使用してはいけません。

MCPP(メコプロップ)を効果的に使用するには

MCPPに限らず、茎葉処理型除草剤の散布じには、「展着剤」を使用することが望ましいです。

展着剤を使用することで、除草効果は各段に高まります。

除草剤専用展着剤には、サーファクタントWKなどの除草剤があります。展着剤を使用することで、MCPP液剤の付着と吸収が高まり除草効果を確実に発揮します。

もっとも有効な芝生の雑草対策

芝生の雑草対策として一番効果的なのは、芝生を元気に健全に育てることです。

きちんと手入れされた芝生であれば、葉が密集しているので、雑草もなかなか侵入してこれません。

雑草が種を落としても、芝が密集しているので、種が土の面まで落ちること無く、発芽することがありません。

芝生を健全に育てる方法については、こちらで細かく紹介しているので、是非参考にしてみて下さいね。

関連記事

庭の芝生の雑草対策のために、いちばん大切なのは、芝生を元気に育て、緻密なターフを作ることです。緻密な芝生に育てることで、雑草が入って来ないようになります。正しいし芝生の管理できていますか?このページでは、やりがちな芝生のまちがった芝生の手入[…]