注目キーワード
  1. 芝生の雑草
  2. 芝の除草剤
  3. 除草剤

ティフブレアが発芽するまでにかかる時間は?

雑草対策として「ティフブレア」という芝生を使おうと思い立ち、種を購入しプラグトレーに播種しました。

通常の芝(コウライ芝やノシバ)などが、「栄養繁殖」とよばれる方法で増やすのとちがって、ティフブレアは種で発芽させる方法で増やすからです。

通常の芝生はこんな感じですね。写真:楽天市場より

 

また、そのまま地面に種を撒いて、以前一度失敗したことがあったので、「まずはプラグに撒いてしっかりした苗にしてから定植しよう」と思ったわけです。

そのティフブレアがようやく芽を出しました。

 

ティフブレアが発芽するまでにかかった時間

ティフブレアの発芽の様子

 

さて、ティフブレアの発芽までに掛った時間です。

ティフブレアの種を撒いたのが2021年3月13日。

3月13日に種まきをしました。

 

発芽を確認したのが4月18日です。

4月18日に発芽を確認しました。

 

ひげみたいにちょびちょび発芽しました。

 

部分的には発芽していないものもあります。

 

発芽自体はもう少し以前に発芽していたかもしれませんが、「まあまあ、発芽してきたなぁ」と思ったのが4月18日だというわけです。

ということなので、ティフブレアが発芽するまでに掛った時間は、だいたい1か月ということになります。

 

ティフブレア発芽後さらにひと月たった状態は?

ティフブレアが発芽した3月13日からさらにひと月たった4月15日の状況です。

種まき後からはたいたい2か月たった状況です。

ずいぶんの芽が出そろって来ました。

 

撒きムラで出ていないところもあります。

 

全体的に見るとまだ定植はできないかなぁという感じですね。

 

平均して1cmくらです。

 

ティフブレアの種の散布に適した時期

私がティフブレアの種を散布したのは3月の中旬。

「これから暖かくなるから今ぐらいかなぁ」ということで種まきしたのですが、どうやら少し早かったようです。

種の散布時期はもう少し暖かくなってからのほうが良いみたい。

これについては、別の箇所で2021年5月20日に散布したものがあるので、こちらと比較して紹介していこうと思っています。

5月20日にも種を撒いてみました。