秋にピンク色の丸い花が目立つ「ヒメツルソバ」

晩秋にピンク色の目立つ花があります。

 

「ヒメツルソバ」という花です。

 

道端や公園のグランドカバーの縁などに、

ピンク色の可愛いボンボリみたいな小さな花を咲かせています。

 

この「ヒメツルソバ」という、ヒマラヤ原産の草花で

実は一年中花を咲かせます。

 

ですが特に晩秋に花が目立ちます。

 

晩秋になり、他の花も少なくなったなか

ピンク色の花を咲かせているため

目立つのだろうと思います。

 

 

 

ホームセンターや通販などで、「ポリゴナム」という名前で、流通したりしています。価格は200円/ポットくらい。

 

今日は、このピンク色の丸い花を咲かせる「ヒメツルソバ」について、紹介したいと思います。

 

ヒメツルソバとは

道端や公園で、かわいいピンクの花を咲かせる「ヒメツルソバ」は、非常に強い植物で、グランドカバーとして使用することができます。

 

乾燥にも強く、明るい日影であれば、元気に生育することができる植物です。ただし、日陰の場合は、ピンク色の花の鮮やかさが目立たなくなり、全体として白っぽい花になってしまいます。

 

庭でピンク色の花を楽しみたいときは、日当たりの良いところへ植えたほうがおすすめです。

日影で育ったものは、花の色が白っぽくなります↑↑↑

 

ヒメツルソバの育て方

ヒメツルソバは、茎を地面の上にはわせながら、地面を覆いつくす「グランドカバー」として取り扱われます。

 

グランドカバーは庭に使うと、雑草を抑えることもできますので、上手に庭に取り入れると、良いと思います。

 

グランドカバーについては、以前作成した記事がありますので、よろしければご覧くださいね。↓↓↓

雑草対策となるグランドカバーとは

ヒメツルソバは、地面に接したところから、どんどん根を出しながら広がっていきます。

 

乾燥にも強く、日当たりが良いときれいなピンク色の花を咲かせてくれるので、芝生の周りの縁取りなどにも、おすすめの植物です。

 

乾燥にも強いので、基本水やりなども必要としません。

 

大変強い植物ですので、行ってほしくないところにも伸びてしまうことがあります。

 

とはいいながらも、ツルニチニチソウほどの成長の早さではありませんので、行ってほしくない方向へ伸び始めたと思ったら、剪定してあげるといいですね。

 

ヒメツルソバの栽培方法

https://www.instagram.com/p/BqZhSO2lItR/?utm_source=ig_web_copy_link

ヒメツルソバの栽培方法は、大きくわけて3つあります。

 

ポット苗を購入してきて庭へ植える

もっとも一般的なのが、ポット苗を購入してきて植え付けるという方法です。このとき、肥料は化成肥料ではなく、緩効性の肥料を与えます。

 

植物一般的に言えることですが、成長を早くさせようと、化成肥料をやると、葉っぱばかりしげって、花付きが悪くなることがあります。

 

花付きをよくするためには、ゆっくり肥料をやることができる、緩効性の肥料が最適です。

 

株分けしてふやす

ヒメツルソバは、地面に接したところから、発根します。伸びたツルを辿っていくと、根を下ろした部分が見つかります。

 

この根を下ろした部分の前後でツルを切り取り、他の場所へ植え付けることで簡単に増やすことができます。

 

植え付ける場所には、腐葉土や堆肥を混ぜ込み、植え付けます。

 

秋には綺麗に紅葉するヒメツルソバ

https://www.instagram.com/p/BONdrAoA7lR/?utm_source=ig_web_copy_link

ヒメツルソバは、春から秋まで一年中花を楽しむことができます。(夏場は少し開花が鈍ります。)

 

さらに、ヒメツルソバは秋には紅葉も楽しむことができます。特に寒さが厳しい秋には、真っ赤に染まります。

 

一年中、ピンク色の花を楽しむことができて、しかも性格も強健、紅葉まで楽しめ、雑草を抑える効果も高いのがヒメツルソバです。

 

庭のグランドカバーとして使用するのであれば、やたらに蔓延る「ツリニチニチソウ」よりも扱いやすい植物といます。

 

ヒメツルソバの花がピンク色や白色があるわけ

ヒメツルソバの花色は、濃いピンクや薄いピンク、白色などがまざっています。この混ざり具合が、淡いピンクの絨毯のようで、大変綺麗です。

 

この色の違いなのですが、花の開花した時期の違いによるようです。

 

花が開花したすぐのときは、濃いピンク色。それから次第に淡いピンク色になり、だんだんと白色の近くなっていくようです。

 

強くて、花の色もきれいで、花もかわいい「ヒメツルソバ」お庭に雑草対策のグランドカバーとして、植えてみてはいかがでしょうか。

生育に適する場所 半日陰・日向関係なし。
有り(ピンク)
落葉・斑入のものもある。
注意点 生育が旺盛。適宜管理が必要
価格 180円~200円くらい/ポット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. 2018-12-10

    ラウンドアップは雨が降っても大丈夫?効果あるの?

    「ラウンドアップは雨が降っても大丈夫?」という質問が、yahooの知恵袋などでよく上がっています。 …
  2. 2018-12-9

    カヤツリグサの雑草対策 芝生雑草の困りもの「カヤツリグサ」の対策

    芝生の雑草の中で、カヤツリグサくらい困る雑草はありません。カヤツリグサは非常に強い雑草です。 …
  3. 2018-12-8

    庭の芝生の雑草を知って効果的な雑草対策をしよう

    庭の芝生の雑草を形態によって分類 庭の芝生によく見られる雑草は、雑草の形態によって3つの種類に分け…
  4. 2018-12-7

    芝生専用の除草剤は安心?除草剤には発がん性はないの?

    このブログでは、芝生の雑草対策を紹介する中で、除草剤の使用について、 「適正な方法で適正な場所…
  5. 2018-12-6

    お庭の芝生の雑草対策、できるだけ手軽にできる方法5つ(その3)

    雑草を抜くのは、できるだけ小さいうちに [caption id="attachment_328" …
2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. 2018-12-7

    芝生専用の除草剤は安心?除草剤には発がん性はないの?

    このブログでは、芝生の雑草対策を紹介する中で、除草剤の使用について、 「適正な方法で適正な場所…
  2. 2018-11-18

    雑草対策に便利な草刈り道具

    お庭の草刈り、大変ですよね。 私も緑守(みどりもり)という仕事で 公…
  3. 2018-11-15

    芝生の雑草の種類を知ろう(2) | イネ科雑草対策はここに注意

    芝生に生える雑草は、大きく分けて2種類あります。 一つ目は「広葉雑草」とい…

最近のコメント

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る