ガーデンシクラメン 冬越し 。冬の水やりや追肥に注意。灰色カビ病の発生リスクが!?

ガーデンシクラメン 冬越し について紹介するページです。冬になるとホームセンターで見かける小ぶりのシクラメン。

寒さに強く耐病性も強くなっているガーデンシクラメンですが、真冬の水やりや肥料のやり方で注意する点があります。

このページでは真冬のガーデンシクラメンの管理について紹介します。

ガーデンシクラメンと普通のシクラメンとの違い

ガーデンシクラメン 冬越し イメージ

以前は室内の鑑賞用としてショップやレストランでよく見られたシクラメン。

このシクラメンが最近はホームセンターで「ガーデンシクラメン」として、ガーデニングとしてお庭で使えるとして、よく見かけるようになりました。

▲ホームセンターでもよく見かけるようになりました。

まずは、以前からあるシクラメンと、最近のガーデンシクラメンとで、何が違うのか紹介していきます。

ガーデンシクラメンは普通のシクラメンより耐寒性が強い

ガーデンシクラメンと普通のシクラメンとの違いは、なんといってもガーデンシクラメンは寒さに強いということでしょう。

今までのシクラメンは鉢植えで屋内で咲かせるものというのが一般的です。

ですが、ガーデンシクラメンは屋外で冬越しできます。

この特徴があるので、ホームセンターなどでも冬の花として、広く取り扱われるようになったということなんです。

ガーデンシクラメンは耐病性もアップ

ガーデンシクラメンは、一般的なシクラメンを改良したミニシクラメンの中から、更に寒さに強いものを選抜育種して開発された経緯があります。

一般的なシクラメンは屋外に植えていると雨にあたって腐ってしまったという体験をしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

これは灰色カビ病による場合が殆どです。

ミニシクラメンは通常のシクラメンより灰色カビ病に対しての耐性が強く開発された園芸種です。

このミニシクラメンから改良されたガーデンシクラメンは、この灰色カビ病に強いという特質を引き継いでいます。

耐病性も耐寒性の強いので、お庭でも冬越し出来るといるのがガーデンシクラメンなんですね。

ガーデンシクラメンとミニシクラメンはなにが違う?

ガーデンシクラメンはミニシクラメンの改良品種です。

ホームセンターや花苗屋さんにいくと、「ガーデンシクラメン」と名前がついているものと「ミニシクラメン」として販売されているものがあります。

このふたつ、見た目は同じに見えますが、一体何が違うのでしょう。

ガーデンシクラメンとミニシクラメンは耐寒温度がちがう

ガーデンシクラメンとミニシクラメンの大きな違いは寒さに対する強さです。(耐寒温度といいます。)

ガーデンシクラメンのほうがミニシクラメンに比べて寒さに対しての耐候性が高いです。

  • ミニシクラメンの生育可能温度:生育できる最低気温+5度くらいまで
  • ガーデンシクラメンの生育可能温度:生育できる最低気温0度~-5度くらいまで

つまり誤ってミニシクラメンを購入し、屋外で冬越しさせようとすると枯れてしまうということもあるので気を付けましょう。

ガーデンシクラメンとミニシクラメンの見分け方

ホームセンターでミニシクラメンとガーデンシクラメンを見分ける際には、販売されているタグをしっかり確認するようにしましょう。

ガーデンシクラメンはお庭で生育できるように、ミニシクラメンを育種し改良したものです。

「ガーデンシクラメン」という名称自体がブランド名なのです。

なので、必ずタグには「ガーデンシクラメン」とブランド名が記載されています。

▲ガーデンシクラメンのタグを確認しましょう。
▲こちらはミニシクラメンの範疇になりそうでが不詳です。(ガーデンシクラメンと紹介しているサイトもあります)

ガーデンシクラメンと記載のないものは、ミニシクラメンの可能性が高いですので、必ずタグを確認して見分けるようにしましょう。

ミニシクラメンのほうがガーデンシクラメンよりも花色が豊富

ミニシクラメンは一般的な大輪のシクラメンから品種改良されたものです。

ガーデンシクラメンはこのミニシクラメンから、寒さに強いものを選抜育種したものです。

歴史的にはミニシクラメンのほうが古いです。

ガーデンシクラメンの改良が始まったのは、1996年埼玉県の鉢花シクラメン生産者によるものだそうです。

一方ミニシクラメンは、1853年ごろからフランスで改良が始まったということのようです。

歴史の長いミニシクラメンは、その分花色も豊富ということなのかなと思います。

ガーデンシクラメンは霜にあたっても枯れないのか?

寒さに強いとされるガーデンシクラメンですが、それでもさすがに霜にあたるとダメージをうけます。

ただ、普通のシクラメンが霜にあたると一発で枯れてしまうのに対して、ガーデンシクラメンの場合はダメージはうけますが復活してきます。

とはいいながらも、霜にあてないにこしたことはありません。

霜注意報などが出ている場合は、ベタ掛けシート(寒冷紗ともいう)などを掛けて、霜よけ対策をすることをおすすめします。

▲霜注意報などの前の日は寒冷紗を掛けることをおすすめします。

また、激しい寒波の場合に備えて、バークチップやヤシ繊維などのマルチングをしておいて、根の部分が凍らないような配慮をしておくと安心です。

▲ヤシの繊維でマルチングになります。

根が凍ってしまうと、寒さに強いというガーデンシクラメンといいながらも、さすがにダメージをうけ枯れる場合もあります。

ガーデンシクラメンよりも寒さに強い「原種シクラメンコウム」

原種シクラメン コウム ‘シルバーリーフ’ 白系

寒さに強いシクラメンとしてガーデンシクラメンを紹介してきましたが、このガーデンシクラメンよりもさらに寒さに強いシクラメンがあります。

このシクラメンは「原種シクラメン」といい、代表的ものは「コウム」と呼ばれる種です。

北海道でも冬越しして露地で育てることができますが、流通量は少なくお値段もお高いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

原種シクラメン コウム ‘シルバーリーフ’ 白系
価格:660円(税込、送料別) (2022/12/23時点)

楽天で購入

 

 

霜の注意がそれほど必要のない場所であれば、ホームセンターで販売されているガーデンシクラメンの苗を購入するのがおすすめだと思います。

次のページ⇒加湿をきらうガーデンシクラメン。土壌の簡単な診断方法とは