庭に生えた稲みたいな雑草「メヒシバ」の雑草対策

秋になると庭に「稲みたいな」雑草が生えてくる場合があります。その雑草「メヒシバ」かもしれません。メヒシバが庭に生えてくるとあとが大変です。メヒシバは多量の種をおとすので、一度侵入してくると後の雑草対策が大変です。このページではメヒシバの特徴とメヒシバが生えて来た時の雑草対策を紹介します。

メヒシバとは

道路脇のメヒシバ 撮影8月7日

メヒシバとは秋になると特に目にすることが多い雑草です。

道路や放置された空き地など、一面メヒシバに覆われているような場所もみられます。

休耕田を覆い尽くしたメヒシバ 撮影9月17日

そのくらいに強い雑草ということなんですね。

名前 メヒシバ
分類 一年生イネ科
原産地 日本、アジアの熱帯〜温帯地域
花期・出穂期 7月から11月
花言葉 情緒不安定、侵略者
誕生花

メヒシバの特徴

撮影 9月30日

刈り取ってもすぐに成長してくる

メヒシバは生長点が地面に近くにあります。

メヒシバに限らず、この生長点を刈り取らないかぎり、植物はすぐに成長してきます。

メヒシバは生長点が地際にあるので、刈り取ることができないので、草刈りをしてもすぐに成長してくるのです。

メヒシバを食べる

メヒシバの駆除は?根絶はできるの?

メヒシバを刈り取るときは種を撒き散らさないように注意