雑草対策に便利な草刈り道具。手抜き伐根作業に便利が道具。

お庭の草刈り、大変ですよね。

 

私も緑守(みどりもり)という仕事で

公園や道路の樹木や花を管理したりアドバイスしたりするお仕事なので

 

「ご自宅のお庭は綺麗なんでしょうねぇ~」

 

なんて言われるのですが、

いえいえ、単身赴任であちらこちら回っていて

自宅にもどるのは月に1度くらいなので

 

自宅に戻った場合は

常に庭の雑草と格闘の日々なのです。

 

奥さんは、お庭の管理人などは、何もやってくれない人なので・・・(泣)

 

ということで、お庭の雑草対策に、便利な草刈り道具を紹介します。

 

お庭の雑草が多い時の便利な草刈り道具

私のうちの庭の広さは、駐車場や家の裏側まで入れると大体50坪ほどあります。

 

これを単身赴任で戻った休日1日で

全て一人で草むしりをするのは

なかなか大変です。

 

ですので、まずは肩掛け式の刈払い機で

全体の草刈りをします。

 

庭で使う場合のおすすめの刈払い機

庭で使う場合のおすすめの刈払い機ですが

充電式の電動式の刈払い機は、やめたほうがいいと思います。

 

なぜなら、非力で使いものにならないからです。

 

ある程度の金額のする(10万円~15万円くらい)

業務用の充電式の刈払い機であれば

 

確かに音も静かで強力だからおすすめできるのですが

 

ホームセンターで販売しているような

電動式の刈払い機では、まず使用に耐えません。

 

また、お庭で使う場合の刈払い機は

畑やグランドで使いような

強力な刈払い機は必要ないでしょう。

 

強力ですが、なんといっても重いので

家庭で使うには、不向きです。

 

ちなみにうちで使っているのは

ホームセンターで購入した1万円台の

名もないメーカーの刈払い機です。

 

もう、7年ほど使用していますが

特に問題なく使用できています。

 

 

お庭で刈払い機を使う場合の注意

お庭で刈払い機を使う場合には、ナイロンコードカッターの使用はやめましょう。

 

ナイロンコードカッターとはこんなのです。↓↓↓

写真引用:楽天市場

 

ナイロンコードカッターは、

チップソーのように硬くなく、

レンガの花壇などの近くても

あまり気にせずどんどん刈ることができるので便利なのですが

 

これ、ほんと、危険です

 

バンバン小石を跳ね飛ばします。

 

お庭の周りに生垣なんてあっても

どんどんすり抜けて隣の家の駐車場まで小石を飛ばします。

 

わたしも気を抜いて

夏にナイロンコードカッターで草刈をしていたら

庭にたまたま落ちていた針金を跳ね飛ばして

自分の脚に突き刺さって流血したなんて経験もしています。

 

ほんと、危険ですので

ナイロンコードカッターでの草刈は

お庭ではしないほうがおすすめです。

生垣の下や、お庭の隅などの草刈りなら「ねじり鎌」がおすすめ

https://www.instagram.com/p/BoIS2Y4HwzE/

刈払い機でざーっと草刈をしてしまっても

土の中には雑草の根が残っています。

 

また、生垣の近くや生垣の根元

飛び石の目地などから生えている雑草は

なかなか刈払い機で雑草を抜き取るというわけにはいきません。

 

生垣の下なんて刈払い機を突っ込むと

生垣の樹木の根元を傷つけてしまい

樹木が弱って枯れてしまうことにもなってしまいます。

 

このような場合に活躍するのが

ねじり鎌といわれる小型の鎌です。

こちらのyoutubeでねじり鎌を使う様子が有りますが↓↓↓

この動画のように、表面の雑草を「かき取る」のに使ったり

先端のとがった部分で、根こそぎ引き抜いたりするのに

便利に使えます。

 

ただし、根こそぎ引き抜く場合は

根と一緒に大量の土もくっついてくるので

そのあとその土を落とす作業が

体験だったりします。

 

芝生の中に生えている雑草には、「草むしり」グッズ

ねじり鎌は便利に使える草刈グッズですが

根こそぎ雑草を取ろうとすると

大量の土と一緒に根を引き抜くという作業となるため

その土を落とすという作業が

もう一段階必要となります。

 

これを避けるために、最近ではいろいろな草刈道具が出ていますので紹介しておきたいと思います。

 

草取り一番 百発百中

細かなところの草刈をするのに便利がグッズのひとつに「草取り一番 百発百中」という商品があります。

 

ねじり鎌よりもさらに小さな鎌で、よりするどい形をしているので

ねじり鎌のように土が大量にくっついてくるのを

防ぐことができます。

腰楽草抜きボーイ

かがんで草抜きや草刈が辛いという場合は

このような草刈の道具もあります。

ただ、かがんで行う草抜きよりは、ちょっと効率が悪そうですね。↓↓↓

草抜い太郎

今回、草刈グッズをいろいろと調べていて

「おーこれはいいじゃん」とおすすめなのがこちらの「草抜い太郎」です。

電動ドリルの先につける「ビット」という部分に

草が簡単に抜けるようにしたものです。↓↓↓


楽天などの通販で千円台で購入することができます。

 

芝生の中の広葉雑草ならば、広葉雑草専用の除草剤が楽ちん

芝生の中の雑草であれば、一番楽チンなのは

「芝生専用の除草剤を使う方法が一番簡単な方法です。

特にシャワー式の除草剤であれば

スポット的に撒くことができるので

作業も簡単だと思います。

芝生で使える除草剤については

別のページを設けていますのでご覧くださいね。

除草剤でおすすめなのは液剤?それとも顆粒?

雑草対策に便利な草刈り道具まとめ

雑草対策に便利な草刈道具についてまとめてみました。

私が自分の庭を草刈していて効率的な方法は

  1. 「草抜い太郎」などの根こそぎグッズで目立つ雑草を根こそぎ草抜き
  2. 刈払い機で全面をざあーっと草刈
  3. 残った生垣の下や駐車場のふちなどを、「ねじり鎌」や「草取り一番百発百中」などで根こそぎ除去
  4. それでも出てくる広葉雑草は、芝生で使える除草剤で退治
  5. 芝刈り機でこまめに芝刈り

こんな方法が、雑草の対策としては良いのではないかと思います。

 

芝の場合、こまめに芝刈りと芝の育成をしていれば

だんだん雑草は生えてこなくなりますので

こまめに面倒みてあげてくださいね。