庭のやっかい雑草 オオバコ の雑草対策

オオバコは駆除がやっかいな雑草です。ちょっとした隙間があるとすぐに生えて来るし、芝生の中のちょとした隙間にも生えて来て、一度生えてくると表面をいくら刈り取っても根が地中に残り、すぐにまた生えてきます。このページではオオバコの雑草対策と注意点について紹介したいと思います。

オオバコの特徴

オオバコ
オオバコは特徴的なのですぐわかりますね。

オオバコの雑草対策を説明するためには、まずはオオバコの特徴を知ることが大切です。

雑草対策の観点からオオバコを見た場合、次のような特徴があります。

オオバコは地中に根が残って何年も生える「常緑多年草」

荒地でも元気に育つやっかいな雑草「オオバコ」

オオバコは「常緑多年草」です。

つまり冬の間も緑色の葉をした雑草です。

地上部に出ているのはほとんどが葉っぱで、茎は地下茎として地中にあり、地上部の葉が刈り取られても、地下茎からどんどん葉を出すので、なかなかなくなってくれない、芝生の中のやっかいな雑草のひとつです。

庭の芝生のオオバコの雑草対策

芝生のオオバコの雑草対策で一番大切なこと

お庭の芝に裸地があればすぐに侵入してきて、一度侵入すると退治がやっかいなオオバコ。

従って庭の芝生のオオバコ対策として、一番効果が大きいのは、芝生を元気に育てて、オオバコの種を侵入させないということです。

綺麗な芝生が一番の雑草対策です。

芝生を元気に健全に育てる方法は、別ページで紹介しますので、そちらをご覧ください。

最も効果的なのはオオバコの雑草対策は根っこごと引き抜く

オオバコの雑草対策
1 根元から引き抜くのが効果的だが・・・

オオバコの雑草対策として最も効果が大きいのは根元から引き抜くことです。

ただし、オオバコを根元から引き抜くのはなかなか大変です。

オオバコは固く踏みしめられた場所に蔓延っている場合が多く、土壌は固く締まっていて、根っこから引っこ抜くのは、なかなか容易ではありません。

オオバコを引っこ抜くのに、以下のような小道具があると便利です。

オオバコの雑草対策に便利な小道具

草ぬきニッパー

てこの原理で少ない力で雑草を根元から引き抜きます。

つかんだ草もレバーを離すとはずすことができるので、いちいち抜いた草をはさみの部分からはずす手間がかかりません。

根引きハサミ

ハサミのような形をしていますが、草を引き抜くための道具です。

地中部にもハサミ部分を入れてはさんで引き抜きます。

ガーデニングカート

庭の作業をするときに、このガーデンカートがあるととても楽に作業ができます。

横方向に移動できて、しかも座部は回転するので、方向を自由に変えられます。

雑草対策用の小道具をを運べるのも便利ですね。

 

雑草の引き抜きグッズについては、こちらも参考にしてみて下さいね↓↓↓

関連記事

お庭の草刈り、大変ですよね。   私も緑守(みどりもり)という仕事で 公園や道路の樹木や花を管理したりアドバイスしたりするお仕事なので   「ご自宅のお庭は綺麗なんでしょうねぇ~」 &[…]

オオバコを除草剤で雑草対策

1 オオバコが密集すると抜き取りが大変

ここからは、オオバコの雑草対策として除草剤を使用した雑草対策について紹介したいと思います。

オオバコは雑草対策の観点から分類すると「多年生広葉雑草」という分類になります。

したがってオオバコの雑草対策としては「多年生広葉雑草」対策の除草剤を使用するのが一般的ですが、オオバコの場合は少し事情が違います。

そのくらい、除草剤でも退治が難しい雑草だということを知っておいてくださいね。

芝生の中のオオバコに除草剤を掛ける場合の注意点

オオバコ除草剤
1なんでもかんでも除草剤を掛ければいいわけではありません。

除草剤と聞くと「ラウンドアップを掛ければいいのかな」と思う方もいるかもしれませんが、なんでもかんでも「ラウンドアップ」を掛ければよいわけではありません。

ラウンドアップは全ての雑草に効果を発揮しますので、芝生が生育している時期(芝生が緑色の葉っぱの時)にラウンドアップを掛けると、庭の芝生も一緒に枯れてしまいます。

そもそもラウンドアップをオオバコに掛けても、一時的に葉っぱは枯れますが、根までは枯らすことができず、再生してきます。

そのくらいオオバコは強力なやっかいな雑草なのです。

オオバコに効果的な除草剤

締め固まった場所で手抜き除草は大変。除草剤が効果的。

オオバコの雑草対策として効果的な除草剤は以下の除草剤が効果的です。

なかなかホームセンターでは販売されていないものもあるので、通販サイトからの購入がおすすめですね。

カペレン粒剤

芝生が休眠している秋から冬にかけては、土壌処理剤の「カペレン粒剤」が効果的です。

効果が長く持続し、春から秋の散布で初夏まで効果が持続します。

雑草退治が困難な「ヨモギ」や「ギシギシ」「スギナ」などにも効果があり、芝生の雑草対策として効果的です。

ザイトロン

芝生の生育時期の春から夏にかけては、広葉雑草に対して強い枯殺効果をもつ「ザイトロン(ザイトロアミン剤)」が効果的です。

広葉雑草への効果なので、芝生には影響がありません。

上で紹介したカペレン粒剤を散布し、効果のきれる夏頃から生えて来たオオバコに対して散布すると、いっそう効果があがります。

ザイトロンはオオバコだけでなく、通常の芝生専用除草剤では雑草対策の難しい「カタバミ」「スギナ」「キク科雑草」「ハマスゲ」などにも効果があります。

「庭のやっかい雑草 オオバコ の雑草対策」まとめ

以上オオバコの雑草対策について紹介しました。

オオバコはとっても強くてやっかいな雑草なので、除草剤選びも通常の除草剤では効果がないことを知っておくといいと思います。

上で紹介した除草剤を使用すると、かなり効果的にオオバコの雑草対策となります。

使用する場面に応じて最適な方法を選択してくださいね。