ラウンドアップ 効果的な使い方 ラウンドアップの効果は一時的。コスパも比較。

ラウンドアップ 効果的な使い方 について解説するページです。

緑守
こんにちは、緑守です。ラウンドアップ 効果的な使い方について解説します。

ラウンドアップの効果は即効性だが一時的

まず、ラウンドアップの効果は、一時的であることを知っておきましょう。

ラウンドアップを効果的に使うためには、他の除草剤と併用することで、長い間効果を持続させることができます。

ラウンドアップのコスパも併せて紹介します。

ラウンドアップ 効果的な使い方
ホームセンターで広い売り場面積を占めるラウンドアップ

ラウンドアップ 効果的な使い方 除草効果が一時的であることを知っておこう

ラウンドアップは即効性のある強力な除草剤です。

ただし効果は一時的であることを知って上手に利用することが大切です。

ラウンドアップ散布後3か月経つと雑草が侵入

ラウンドアップの効果は一時的

ラウンドアップ 効果的な使い方 で一番はじめに知っておかなければならないことは、ラウンドアップの効果は一時的な除草効果であるということです。

ラウンドアップは、雑草に限らず、ほとんどすべての草花を枯らしてしまう効果があります。

したがって一時的に雑草は全部枯れてしまうので、完全に枯れてしまったあとに、「熊手」のようなもので、枯れた雑草をかきあつめると、一時的に雑草のない、きれいな土の状態にすることができます。

一時的にはきれいな土の状態にできます。

しかし、この雑草のない状態を維持できるのは、せいぜい2か月程度でしょう。

一時的にきれいになった場所にも、土の中に埋まっている雑草の種がすぐに再発芽してきて、2か月もすると元の雑草の生い茂った状態になってしまいます。

ラウンドアップ散布後2か月で元の木阿弥です。

ラウンドアップ 効果的な使い方 を知るうえで、まずは、ラウンドアップの効果は一時的であることをしっておきましょう。

ラウンドアップの一時的な効果とは

「ラウンドアップの一時的な効果」といわれてもピンとこない方もいらっしゃるかと思いますので、模式図にしてみました。

一般的な雑草の場合、もっともラウンドアップの効果が高く、雑草を枯らすことができるのは6月の梅雨時期の散布です(※)。(※雨の前には散布しないようにしましょう。雨で流れて効果が発揮されません)

ここで雑草を枯れしても、今度は秋に向けて成長する「秋雑草」という種類の雑草が成長してきます。

これらを退治するために10月から11月にかけてもう一度散布する必要がでてきます。

秋雑草のうち、高茎化してしまう(大きく育ってしまう)雑草には以下のような雑草があります。

緑守
それぞれの雑草の効果的な雑草対策は、クリックするとご覧いただけます。
この模式図に示すように、最低でも年に2回のラウンドアップの散布が必要です。
望ましいのは3回程度(※)の散布が望ましいでしょう。
(※ラウンドアップマックスロードの年間の上限散布回数は3回です)

雑草の種類別ラウンドアップ 効果的な使い方

ツユクサ、スベリヒユ

ツユクサ

ツユクサやスベリヒユの仲間は、とても根が再生しやすい雑草です。

ツユクサやスベリヒユには50倍希釈のラウンドアップの散布が効果的です。

ドクダミ、ヤブカラシ、ヒルガオ

ドクダミ

ドクダミ、ヤブカラシ、ヒルガオなど地下茎で増える雑草は、地上部が枯れても地下部分が生きていて、しばらくするとまた再生してくることが多くみられます。

これらの強い雑草に対しては、生育がとまった夏前の時期に25倍希釈のラウンドアップの散布が効果的です。

ただし、25倍希釈という濃い濃度でラウンドアップを散布しても、再生してくることがしばしば見られます、

そのような場合は、葉の再生がとまったころ、もう一度散布する必要がでてきます。

クズなどのつる植物

世界最強の雑草クズ

クズやフジ、最近ではツルニチニチソウやリュウキュウアサガオなどのつる植物は、対策がとてもやっかいな植物です。

つる植物は、「育てたい」と思っている植物に絡まっている場合が多いです。

ところが、絡まったつる植物の上からラウンドアップをかけると、「育てたい」植物まで枯れてしまいます。

ツルニチニチソウはお庭に植えてはいけない植物です。

これらのつる植物については、根元をみつけて、根元付近に穴をあけ、ラウンドアップ原液を注入するのが効果的です。

ただし、つる植物の根を探すことはとっても困難です。

緑守
庭に侵入してきたつる植物は、こまめに手抜き除草するしか方法しか無いというのが現状です。

緑地の管理に携わっている私も、庭にどこからか侵入してきたクズやツルニチニチソウ、ツルマサキなどをラウンドアップ 効果的な使い方は、頭を悩ませているのが現状です。

ラウンドアップ 効果的な使い方 のためには、雨が降る前には散布しない

ラウンドアップマックスロードは雨対策もできているそうですが・・・

ラウンドアップ 効果的な使い方 で気を付けなければならないことは、雨の前には散布しないということです。

ラウンドアップマックスロードは、「新技術トランゾーブⅡ」で、散布後1時間後に雨が降っても大丈夫とされていますが、効果的な使い方を考えるのであれば、24時間程度は雨が降らなさそうな日を選んで散布するのがおすすめです。

関連記事

「ラウンドアップは雨が降っても大丈夫?」という質問が、yahooの知恵袋などでよく上がっています。今回は、「ラウンドアップと雨」の関係について、調べてみたので、紹介します。あわせてラウンドアップが効果を発揮するまでの日数についても紹介したい[…]

ツツジの下やサクラの下にラウンドアップは散布してはいけない

ツツジの根元の雑草にはラウンドアップは撒けません

ツツジやサクラの下の雑草にはラウンドアップは散布できません。

 

緑守
ツツジ類やバラ科の樹木の下にラウンドアップは撒いてはいけません。

ツツジ類やサクラなどのバラ科の植物は、とても薬剤について敏感で、影響が出やすく、場合によってはツツジやサクラが枯れてしまうこともあります。

特に最近発売が開始されて「ラウンドアップマックスロードオールスリー」は、フルポキサムを成分が追加されたため、土壌吸着性が高くなっているため、影響が長く続きます。

関連記事

引用:http://www.ns-green.com/pd/img/P018_1.pdf フルポキサムとは 様々な除草剤に混合されて使用されているフルポキサム フルポキサムは、芝生の中に侵入した、様々な一年生雑草に対する優秀な除草剤で[…]

植物に対しての影響もよりいっそう長く続くので、注意が必要です。

関連記事

ラウンドアップの残留期間が長期に及ぶ新商品が販売されています。新商品の名前は「ラウンドアップマックスロードオールⅢ」。通常のラウンドアップマックスロードの残留期間が1週間程度で除草効果がなくなるのに対して、「ラウンドアップマックスロードオー[…]